本文へ移動

交通事故と国保

1.交通事故にあったら国保の被保険者証を使うことができます

交通事故など、第三者行為が原因でケガをした場合、国保の被保険者証を使うことができます。
本来は、加害者が負担しなければなりませんが、加害者の経済的理由等により治療できなくなるのを防ぐため、国保の被保険者証を使用して治療を受けることができます。

2.必ず国保窓口へ届出を!

国保の被保険者証を使用して治療すると、その治療費は国保が一時的に立て替えたことになり、後日、国保は加害者にその立て替えた医療費を請求します。
そのため、国保を使って治療したときは、市町村の国保窓口へ「被害届」を提出することが義務づけられています。
 
●市区町村の国民健康保険担当窓口へ届出に必要な書類等
 ・国民健康保険被保険者証
 ・印鑑
 ・交通事故証明書
 

3.治療が終わったら市町村が加害者に請求します

すべての治療が終了したら、市町村が加害者に対して損害賠償(当該医療費)の請求を行います。

万一に備えて・・・

交通事故には日頃から十分注意しましょう。
自分や家族の生活を守るためにも、
自動車やバイクに乗る人は任意保険に加入しましょう。

交通事故でケガ等を負わせた場合、多額の医療費がかかってしまうことが多く、加害者にとっては金銭的・精神的に大きな負担となるのが実状です。

◆推奨ブラウザ
InternetExplorer7 以上
Firefox3.6 以上

 

長崎県国民健康保険団体連合会

各課の連絡先はこちら

4
8
2
7
9
7
TOPへ戻る